国際傑人会日本総会 会則

 

第一章 総 則

 

(名称)

第一条この会は国際傑人会世界総会に属し、東京国際傑人会と称する。英語名はDistinguished Citizens Society International of Tokyo(略称DCSトウキョウ)

 

(事務所)

第二条 本会は事務所を東京都に置く

 

(目的)

第三条 本会は世界の平和と人類の繁栄を願い、共に人智を尽くして奉仕に努め、社会福祉の増進を図るとともに、次代を担う傑出した人材を育成することを目的とする

 

第二章 任 務

 

(任務)

(一) 礼儀を重んじ、恥を知る高尚な人格を養成する

(二) 信義、忠義、孝行、仁愛等、人間として守るべき道を求める

(三) 利他の精神を積極的に発揮して、社会奉仕に貢献する

(四) 積極的に社会福祉活動に参画し、その理念の普及に努める

(五) 各種文化活動を企画・運営して共存・共栄の実を挙げる

(六) 社会奉仕の意味と重要性を体験できる機会を青年各位に与える

 

第三章 活 動

 

(具体的活動)

第五条 本会は以下のような活動を行う

(一)地域環境の整備・清掃等、社会奉仕活動を行う

(二)地域の老齢者との親睦会を企画し実施する

(三)会員相互の親睦会ならびに情報交換会を企画し実施する

(四)在日華人ならびに留学生との親睦会を企画し実施する

(五)DCS インタ-ナショナルのメンバ-との交流会を企画し実施する

(六)その他、本会の目的ならびに任務を実現する諸活動を企画し実施する

 

第四章  会 員

  

(種別)

第六条 本会の会員は、次の通りとする

(一)正会員 本会の主旨に賛同し規定の手続きを完了した者

(二)予備会員 本会の目的を実施する際に協力する会員

(三)法人会員 本会の主旨に賛同する法人

(四)名誉会員 本会に特別な貢献を為した個人・法人

  (入会)

第七条 入会には次の手続きを要する

(一) 正会員として入会する者は、会長が別に定める入会申込書の所定の欄に記入し捺印して提出するものとする

(二) 会長は前項の申込書を理事2名の署名を受けるものとする

(三) 入会が認められたものは、速やかに入会金ならびに年会費を納入しなければならない

(四) 諸手続きが完了した新入会員の氏名等は、総会において紹介する

こととする

 (会費)

第八条 (入会金および会費)

(一)入会費は2,000円とする。

(ニ)年会費は5,000円とする。支払い期間は毎年1月1日から3月31日まで

(三)予備会員の会費は徴収しない

(四)法人会員の年会費は30,000円とする

 

(会員の権利)

第九条 会員は各交流会や活動、総会に参加する、出席権、会員大会の表決権あり

 

(会員の義務)

第十条 会員が履行すべき義務は次の通りである

(一)会費納入

(二)規則および決議の遵守

(三)職務の履行

(四)事業への参加・協力

 

(会員の資格の喪失)

第十一条 会員が次号の一つに該当する場合には、その資格を喪失する

      上記結果は会長より適宜、関係方面に会長より報告するものとする

(一)退会届を提出したとき

(二)会員が死亡もしくは失踪宣言を受け、もしくは会員である団体が解散したとき

(三)会費納入期限(毎年1月末日)より1ヶ月以上滞納したとき

(四)法令、規則に著しく違反し、規律委員会の厳正な審査の結果、除名が決定したとき

(付則)規律委員は、理事の互選により任命する

 

第五章 役 員

 

(種類および定数)

第十ニ条 役員には次の手続きを要する

(一)会長が別に定める理事入会申込書の所定の欄に記入、捺印し、理事2名の推薦を受け、提出するものとする

(二)入会資格審査委員会を行って選出する。会長は新理事名を理事会で全員に回覧することとする

(三)入会が認められたものは、年会費10,000円を納入すること。支払い期間は毎年1月1日から1月20日まで。

 

(選任等)

第十三条 本会には次の役員を置く

(一)会長(1名)の任期は一期限りとする。 期間は一年(一月一日から十二月三十一日まで)。連選連任一回、満了後は前会長と称する、再選不可。理事計19名とする(前会長及び前理事10名を含む)その他、監事2名を置くものとする

(二)次期会長は、現会長から推薦を受け、理事会で承認を得た後総会で報告する

(三)理事のうちから常務理事(前会長を含む)5名を選出する

(四)毎年11月以前に入会審査委員会のメンバーを設ける。計5名(会長、前会長を含む)。新メンバーは会員大会で報告するものとする

(四)毎年11月以前に規律委員会のメンバーを設ける。計7名(会長、前会長を含む)。新メンバーは会員大会で報告するものとする

(五)毎年11月以前に執行部を設ける。計5名。メンバーは理事19名の中から会長に指名された者とする。新メンバーは総会で報告するものとする

(六)監事は、理事または本会の役職をかねてはならない

 

(職務)

第十四条 各役員の職務は以下のとおりとする

(一) 会長は、本会を代表して会務を統括する

(二) 常務理事は、会長を補佐する

(三) 監事は次に掲げる職務を行う

(1) 理事の業務執行状況を監査する

(2) 本会の財産運用状況を監査する

(3) 前号の規定による監査の結果、不正な行為または重大な過誤を発見したときは、これを直ちに理事会に報告の後、会員大会に報告すること

 

(任期)

第十五条 各種役員の任期は、2年とする。(うち理事10名はその限りではない)

(一) 補欠のため、または増員により就任した役員の任期は、それぞれの前任者または現任者の残任期間とする

(二) 役員は、辞任または任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務を遂行しなければならない

 

(欠員補充)

第十六条 理事または監事のうち、その定数の3分の1を超えるものがかけたときは、遅延なく補充しなければならない

 

(解任)

第十七条 役員が次の各号の一つに該当する場合は、会員大会の決議により、これを解任することができる

 (1) 心身の故障のため、職務の遂行に耐え得ないと認められるとき

 (2) 職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき

2 前項の規定により役員を解任しようとする場合には、当役員の弁明を聴取したのち、理事の3分の2以上の賛成を得なければ成らない

 

第六章 会 議

 

(種別)

第十八条 本会の会議は、会員大会及び理事会の2種とする

 

(通常会員大会)

第十九条 会員大会は正会員を持って構成する

 

(会員会の機能)

第二十条 会員大会は本会の最高議決機関であって以下の事項を審議し議決する

(1) 会則の変更

(2) 解散および合併

(3) 事業報告および収支決算

(4) 事業計画および収支予算

(5) 役員の選任または解任

 

(会員会の開催)

第二十一条 通常会員大会は、毎年十一月に一回開催する。会長が召集する

  2 次に掲げる場合、臨時会員会を開催することとする

(1)理事会が必要と認めたとき。

(2)正会員の5分の3以上から招集を求められたとき

(会員大会の議長)

 

第二十二条 会員大会の議長は、その会員会に出席した正会員の中から選出する

 

(総会の定足数)

第二十三条 会員大会は正会員総数の2分の1以上の出席がなければ開催できない。

 

(会員会の議決)

第二十四条 会員大会の議事は、出席した正会員総数の三分の二以上の同意で行う。

 

(理事会構成)

第二十五条 理事会は、理事を以って構成する

  2 理事会は、通常理事会および臨時理事会とする

 

(理事会の機能)

第二十六条 理事会は、原則3ヶ月に一回開催する、ほか必要に応じて会長が召集し、次の事項を審議する。

(1) 会員大会に付託すべき事項

(2) 会員大会の議決した事項の執行に関する事項

(3) 会長が審議すべきと判断した事項

 

 

第7章 雑 則

 

(解散)

第二十七条 本会は次に掲げる事由により解散する

(1)会員大会の議決

(2)目的の実現が不可能なとき

(3)正会員の欠乏

(4)合併

(5)破産

 

(細則)

1、この規則は、2016年1月1日から施行する

2、現有役員の任期は、2015年12月までとする。

3、本会規則は会員大会を経て、公布、施行する。改定時も同様である